お知らせ

お知らせ詳細

血管を太くする方法〜採血されるときにいつも苦労される方へ〜


先日、久々に健診センターのヘルプへ行った時のこと。

(休業日はたま〜に看護師としてお世話になっております)

 

非常に採血しにくい(と言っては申し訳ないですが)お客様に出会いまして。

 

その方、毎年健診の度に採血で大変な思いをされているそうで・・・

 

もう、本当にね、なかなか血管に触れないですよ。

 

元々血管が細い上に健診のために飲食を控えていただいているので、駆血帯(採血するときに使われるゴム紐みたいなやつです)でがっつり縛ってもなかなか出ない。

 

しかも、やっと出てきたと思ったら深くて、本当に血管なのかすら怪しい・・・

 

で、左右の肘から先をひたすら探して、結局肘の内側(通常採血する場所)でなんとか採血できましたケド。

(取れたときに思わず「きたっ」とか言ってごめんなさい。ご本人にも謝罪しました。けど、それくらい見つけるのが大変でした・・・なんとか1回で取れてよかった。。)

765580

 

という感じで、毎回採血をされる際に非常に苦労されている方とは、正社員として健診センターで働いていたときも度々出会いましたが、

 

そういえばよくそういう方々にアドバイスしていたな・・・

 

と、いうわけで、お客さまが採血で苦労されないために、そして健診センターで働く看護師さんたち(は既に知っていると思いますが)が苦労されないために、今日は「血管を太くする方法」をお伝えしたいと思います。

(余計なお世話かもしれませんが・・・)

 

まぁ、雑学だと思って読んでいただければ幸いでございます。^^;

 

そもそも、血管が細くても(体質の場合)生きていく上で支障はないのですが、

これからお話しする原因で血管が細くなってしまっている方の場合は、

血管が脆くなってしまったり、その原因の方で様々な病気を引き起こすリスクもあるので、改善できるとより健康になれると思います☆

 

では早速、本題に入りたいと思います♪

 

1.採血の時に「血管が出にくい」「血管が細い」と言われてしまう原因

 

検査の採血の時に採取している血液は静脈血(赤黒い血液)です。

 

基本的に人間や動物の体は大事なものほど体の内側(中心)にあるようにできています。

つまり、栄養をたくさん運んでいる動脈血(心臓から送り出される血液)が流れる動脈は表面からは見えないし、がっつり触らないと触れません。(触れるところも限られていますが)

 

で、表面にうっすら透けて見えている血管は全て静脈です

検査用の採血はこの静脈から採取されるので、正式には「静脈血採血」と言います。

 

動脈は心臓から送り出される血液を勢いよく運んでいるので、手首(抹消)でも拍動が触れます(脈拍のことです)。

 

逆に静脈は末梢で細胞からの老廃物を受け取り、心臓へ帰っていく血液を運ぶのですが、動脈ほどの勢いはありません。

 

主に内臓や筋肉の働きなどの刺激がポンプ作用となって心臓に還っていきます。

(静脈には逆流しないように弁がついています)

 

要するに、静脈は周りの力を借りて血液を流しているということです。

 

そのため、以下の4つの原因で血管が細くなります。

 

①脱水

②冷え(体温低下)

③緊張

④筋肉量が少ない

 

以上です。

 

この4つを改善すれば大体の方は問題なく採血してもらえるというわけです☆

 

2.採血の時に血管を発見してもらいやすくする方法

 

発見・・・ていうほど大それたものではなく、本来は肘の内側にある3本の血管(肘正中皮静脈・橈側皮静脈・尺側皮静脈)のうち「どこにしようかな〜」っていうくらいわかりやすくあるものなんですけどね。。

1f71fe96bb4260b0935374bc2da992c9_s

 

先ほどの4つの原因で静脈はあっさりと細くなったり触れなくなったりしてしまうので、それぞれの改善法をお伝えしたいと思います☆

 

①脱水の改善

 

「脱水」と聞くと、熱中症のイメージがあるかもしれませんが、意外と日頃から気づかず脱水になっていることが多いんです。

 

血液中の水分量が足りなくなると、血液が濃くなったり、老廃物を血液肘に取り込めなくて組織(脚とか顔とか)がむくんだり、様々な影響が出ます。

 

喉が渇く」なんていうのは脱水の典型的な症状の一つですね。

 

余談ですが、むくみを改善したい方は、こまめに水分をとって「喉が渇く」状態を予防するのが一番ですよ♪

 

「でも、健康診断の前日は21:00以降飲食を控えるように言われているし・・・」

 

と、思いますよね?

 

ほとんどの方は真面目に前日の21:00以降「飲」食を控えてくださいます。

 

・・・が!

 

お水なら血液検査に影響しないので、直前まで飲んでも OK!

 

胃のレントゲン(バリウム)の検査がある方は、健診の2時間前まで飲んでOK!

 

というわけで、毎度採血に苦労される方はぜひ、喉が乾かない程度にお水を飲んでから健診に臨みましょう☆

(ちなみに、いろ◯すのフルーツ味はダメですよん。糖分含んでるからね・・・)

 

②冷え(体温低下)の改善

 

冷え性の方にとっては永遠のテーマ・・・と言っても過言ではないかもしれません。

冷え性でない方も、秋冬・春先の風が冷たい時期は要注意。

 

冷気などで手足が冷えると、体温を維持するために血管が細くなります。

 

そのため、採血の直前まで温めておくのがベスト。

 

手先ももちろんですが、一番効率が良いのは肘。

 

血管が細い方は採血の直前まで肘を温めておきましょう☆(低温やけどに注意★)

 

③緊張

 

「緊張すると血管が収縮して細くなってしまう」からと言って、

「緊張の改善」・・・ていうわけにはいかないと思いますので(笑)

苦手なものは仕方ない。

緊張するのも仕方ない。

 

ですが、緊張したときに深呼吸しますよね?

 

先日のブログ(脳疲労が老化を加速させる?〜アンチエイジングのために必要なたった一つのこと〜)でも触れましたが、リラックスを促すために深呼吸は非常に効果的です♪

 

そのため、採血されるときは緊張すると思いますが、吐く息を長めにゆっくり深呼吸を続けると、血管の収縮を多少抑えられます

 

ぜひお試しください♪

 

④筋肉量を増やす

 

筋肉量が少ない方。

これはもう圧倒的に女性に多いですね。

そもそも男性に比べて女性は筋肉量が少ないのですが、運動習慣がない、デスクワーク中心の仕事、などで筋肉量が少ないと血管が細い傾向にあります。

 

この改善法に関しては長期的な対策ですが、

 

・運動(有酸素運動)

・タンパク質を多く含む食事

 

を続けることが大切です!

 

運動の中で最も効果的なのは「有酸素運動」

 

運動中にきちんと酸素を取り込むことで筋肉の発達とともに、酸素を運搬する血管も発達します。

 

この血管や筋肉の発達を助けるのがタンパク質(アミノ酸)です。

 

ヨガやピラティスなども効果的な有酸素運動なのでオススメです♪

 

 

3.まとめ

 

①採血前に「喉が乾かない程度に」水を飲む

②肘を温める

③採血時に深呼吸する

④日頃から良質なタンパク質を摂り、有酸素運動をする

 

以上の改善法を実践すると、血管が広がって採血してもらいやすくなるかも☆

採血で毎回苦労されるという方はぜひ一度お試しくださいね(*^^*)

 

ただし、これらをもってしても血管が出にくい・細い場合は、元々の体質・遺伝だと思われます。

初めにもお伝えしましたが、採血がしにくくても、体質であれば特に問題ありませんのでご安心を♪

 

ちなみに、①、②、④の原因で血管が細くなっている方は、採血に限らず日頃からちょっと気をつけていかれると良いと思います★

 

血管が細い=病気になる

 

というわけではありませんが、①、②、④の原因で血液の流れが悪くなったり、老廃物が溜まりやすくなったりしていると「代謝が悪くなる」「疲労が蓄積しやすくなる」「肥満になりやすくなる」などの問題も起こり得ますので。。

 

筋肉のコリもこれらが原因で起こることも少なくありません。

 

そのため、ガチガチになった体で運動をいきなり始めるよりも、マッサージなどで筋肉を緩めてから運動を始める方がより効果的です♪

f6cef1cd26b92e3c2ab1665236071583_s

 

首回りはリンパ節が集中しているので、顔・頭・首回りの滞りの改善や、自律神経の乱れによって起こる冷えは、ドライヘッドスパで頭からデコルテ・肩甲骨周りまで揉みほぐすことで、全身のリラックス効果とともに改善できるので、オススメですよ♪

 

リ・ボーテへ通ってくださっているお客さまの中にはヨガの前後など、運動前後にご来店される方も多数いらっしゃいます♪

 

血流を良くするためには、運動とともに頭から全身をリラックスさせる時間もとても大切ですね(*^^*)

b4fee6803f3911a336bef4df43475f96_s

 

 

ドライヘッドスパ・小顔コースの詳細はこちらをご覧ください♪↓

re-beaute-dhsp.jp/menu/

 

ご予約はこちらからお問い合わせください♪(ご予約状況も随時更新中♪)↓

re-beaute-dhsp.jp/form/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鎌倉駅西口から徒歩5分♪
リ・ボーテは内側から癒し、改善するドライヘッドスパとフェイシャル、ヘアメイクなどの美容施術を融合した新感覚の『リラクゼーション美容』でお客さまのキレイを引き出します。

※結婚式前やイベント・お出かけのお支度(ヘアメイク・着付け)、グループメイクレッスン、ヘッドマッサージの出張も承ります。
※ヘッドマッサージはリクライニングチェアでの施術のため、妊婦さんでも安心してご利用いただけます。(念のため、体調等を医師にご相談の上、お問い合わせください)
※小さなお子様とのご来店もお気軽にご相談ください(^ ^)

ドライヘッドスパ&ヘアメイクサロン
Re+Beaute ~リ・ボーテ~

住所 〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-7-1Villa鎌倉今小路101
アクセス 鎌倉駅西口から徒歩5分(鎌倉市役所前交差点を右方向へお進みください)
TEL 0467-53-9191
MAIL rebeaute.01@gmail.com
受付時間 10:00~19:00 
定休日 水曜日

◆Re+Beaute(リ・ボーテ)のFacebookページ・LINE@でお得な情報とご予約状況を更新中☆
 Facebookページ  http://on.fb.me/1q0mD7q
 LINE@ID @dpw5885r

◆【Re+Beauteオーナー 山口侑子】をもっとお知りになりたい方はこちら(お気軽にフォローしてください♪)
 [Facebook]
  https://www.facebook.com/yuko.healing
 [Instagram]
  http://instagram.com/re_beaute
 [Twitter]
  https://twitter.com/r_beaute

◆ Re+Beaute本社【株式会社W Edge(ダブルエッジ)】ホームページ
  https://w-edge.co.jp/
 Web制作、名刺・チラシなどのデザイン制作、サロンプロデュース、空間デザインetc...
 取得された資格などを活かしてお家サロン、ワークショップなどを始めたい方もお気軽にご相談ください。
  • facebook
  • twitter
  • mixi